2008年11月

2008年11月01日

NL第2号 2008年11月1日発行

―――――――――――――――――――――――――――――――
予防医学心理学研究室
★メールマガジン★
          第2号 2008.11
                     発行: 予防医学心理学研究室
―――――――――――――――――――――――――――――――
 月の光が冴え冴えと、虫の音が響く候になってまいりました。
深まりゆく秋、皆様、いかがお過ごしでしょう。朝晩と日中の気温差が大きくなる時期、どうぞ風邪引きにはお気をつけて。手洗い、うがいの励行で予防をなさってくださいね。
 このメールは 今までセミナーなどでご縁のあった方を中心にご送付しています。
ご不要の場合はinfo@mental-service.com宛に不要とお知らせ下さい。
---------目次--------------------------------------------------------
1.ひょうごチャレンジ企業に選ばれました
2. オフィス移転のオープニングパーティーを開きました
3. 研究室主催のセミナー、語ろう会の予告、案内
4. 取材、連載について
5. ご参加可能な講演会・セミナーのご案内(11月分)
6. カウンセリングをご希望の方へ
7. 音楽やアートを用い、ワクワク参加型、ワーク満載のセミナー企画をお受けします(^o^)
--------------------------------------------------------------------


♪ ミニコラム ♪  【ストーリーを変える!】

「ピンチをチャンスに」、「マイナスをプラスに」との言葉をよく耳にする。そう心がけたいと思う。が、実際の場面では、とっさに「チャンスにしよう」と思い至れない現実がある。
 同じ出来事でも角度を変えて考えると、プラスの方向に動き始めることがある。
例えば「仕事がどうしても合わない。しんどい。やめたい。」と訴える新入社員へ、
「しんどい、合わないと感じている仕事を、1年間、よく頑張ってきましたね。何か秘訣があったのでしょうか?」と尋ねてみる。すると沈思黙考、「ああ、確かに!」、工夫を語るうちに、 頑張った自分に気づき、しんどいストーリーから前向きへ変化していくことがある。
 最たる例がスポーツ新聞の見出し。
 優勝を逃した翌日も、最後の負けも「岡田、涙の胴上げ!」。え?勝ったんだっけ?と錯覚するような見出し。けっして過去をウジウジと悔やまず、前向きのストーリーへ展開している。
 ピンチのときにはスポーツ紙の見出しを思い出し、ストーリーを変えていこうと強く念じている私<熱烈阪神ファン!です。(後藤浩子 記)


1.ひょうごチャレンジ企業に選ばれました。

10月3日サンパルホールにて、「企業・人事への対処困難事例への心理アドバイザー兼コンサルタント業」とのタイトルで「生産性向上と顧客獲得、販促のお手伝いとしてのメンタルヘルス・セミナー活用へのご提案」をプレゼンしました。
パワーポイント発表の後、ミニ音楽療法体験としてCD『水の音楽』をバックに、リンパマッサージ(リラックス)体験をしていただきました。会場中の皆さまが身体を動かし、 多くの方から気持良かったとの反応があり、感謝しております。
会場での熱心なご質問、商談スペースでのさらなるお尋ねなど、私どもの活動支援につながるお話をいただきました。またプレゼン後、ひょうごチャレンジ企業にも認定され、これを契機にさらなる飛躍に向かって頑張ります。 皆様、ありがとうございました。
http://www.mental-service.com/okazaki/2008/10/post_64.html

2.オフィスのオープニングパーティーを開きました
10月17日、18日にKFMオフィス・オープニングパーティーを開きました。お忙しい中から駆けつけて下さった方々、所用で参加出来ないけれどと、前日や当日にお花を届けて下さった方々、セミナーなどでご縁のあった方々、学校支援対応時のお母様方など、懐かしいお顔や、思いがけないお客様が来て下さり、和気藹々とした時間を過ごすことが出来ました。その後のエピソードも聞かせていただき、改めてご縁に感謝です。お忙しい中、お越し下さった皆様、ありがとうございました。
パーティの模様はhttp://www.mental-service.com/okazaki/2008/10/


3. 研究室主催のセミナーと語ろう会の予告

ミニセミナー付き語ろう会を開催します。
日時:12月13日土曜日13:30~15:00
場所:六甲アイランドファッションマート4N-01 予防医学心理学研究室オフィス
内容: 「受験期の子どもへの対応 その1
煮詰まってゆく親子関係をほぐし、子どもを伸ばすために」(約50分)
参加費:1000円(プリント代、お茶代を含む )

「語ろう会」とは、お母様方が子育てについて意見交換をする場です。
悩み、ご自分の体験など、お互いに色々とお話しいただけます。
事前に参加申し込みをE-mail:『ミニセミナーと語ろう会参加希望』と明記し、
① 名前、住所、電話番号、昼間の連絡先 
② 当研究室をお知りになったきっかけ
③ 今後、当研究室に期待する活動
を送信して下さい。
皆様、ふるってご参加ください。お茶をご用意してお待ちしております。
今後、音楽療法、アートセラピーの体験講座なども企画しております。詳細は次回以降のニュースレターでお知らせいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

4. 取材、連載について
● 神戸新聞社から研究室の概略、方針についてインタビューを受けました。
● 女子栄養大学発行の「栄養と料理」2009年1月号(12月6日発売予定) から
「ダイエットの心理学」連載を担当予定
※ 岡嵜順子と後藤浩子のマスコミ取材実績と原稿掲載は以下のURLをご参照下さい
予防医学心理学研究室 マスコミ掲載記事 http://www.mental-service.com/press.html



5. 今年の講演会の予定

★ 一般の方がご参加可能分 後藤浩子 担当 
● 11月16日(日)午前 明石市衣川コミュニティセンターにて 音楽療法
〒673-0025 明石市田町2丁目1-18
電話 / 078-922-4700、ファックス / 078-918-5965 (事前予約が必要です)
● 11月30日(日)午前 明石市の野之池コミュニティセンターにて 音楽療法講座
〒673-0008 明石市沢野1丁目3-1  電話 / 078-929-0355 (事前予約が必要です)
★ 来年以降に関しては下記を参照してください
http://www.mental-service.com/2008/09/20082.html
★ この他にも企業向け、学校向け等、クローズドの講演、セミナーを多数担当しております。
11月以降のクローズドセミナーは以下をご参照下さい。
http://www.mental-service.com/2008/09/20082.html 

6. カウンセリングについて
カウンセリングの予約を承ります。申し込み方法や料金などの詳細は、以下をごらん下さい。
http://www.mental-service.com/counselling.html
カウンセリング例 http://www.mental-service.com/example.html

7. 講演依頼について
当研究室では様々なテーマの講演、セミナーを行っております。ご提供可能なセミナーの
詳細については下記をご参照下さい。
http://www.mental-service.com/seminar.html今までのセミナー・講演実績は http://www.mental-service.com/result.html
またユーザーの声はhttp://www.mental-service.com/voice.htmlをご参照下さい

今後、当研究室からのメールマガジンがご不要の際には恐れ入りますが、下記の
アドレスまでご連絡下さい。info@mental-service.com


続きを読む "NL第2号 2008年11月1日発行" »

2008年11月13日

保護者との出会い

今、scとして担当しているある中学校は非常に伝統のある学校。
卒業生には各方面で活躍している錚錚たるメンバーが。

この地域のお母様方はとても熱心。
昨日午後も PTAのミニ学習会を担当させていただいた。
25人のお母様が集まられた。

保護者が今、感じていらっしゃる子どもたちの問題、
対応に苦慮する点、どのように関わることで 学校と
そこで過ごす子どもたちが良い方向に育っていくか
話し合いの中でいろんなトピックが出る

一部の保護者は今までもトイレをきれいに!と
花を生け、絵を飾り、子どもたちと顔を合わせると 
笑顔で挨拶をしてくださっていた。

今日からは、朝の挨拶(立ち番)だけでなく、学校や子ども達を見守るために
休み時間、授業時間さえ入って下さるとか

本当に保護者の熱意には頭が下がる


特に昨日は転校していく ある少年に
彼の級友のお母様がいろんな話をしてくださった。
苦言もあったが、その子を思う、温かい思いが伝わってきた。
転校生の母はずっと「ありがたい」と泣いておられた。


遠くに離れていっても、この地を良い場所として覚えて居て欲しい。

でもね、
話を聞きながらも、ずっと携帯をいじるのよね。
今時の少年は.....

当予防医学心理学研究室(兵庫県神戸市)は、
個人カウンセリングやメンタルヘルスセミナー講師:
企業のメンタルヘルスケア、特定保健指導、メタボ撃退 
リバウンド知らずのダイエット、やせる心理学担当の臨床心理士 
笑顔の絶えない癒し系 岡嵜順子と
warm heart 乳幼児から高齢者まで対応の
音楽療法士・臨床心理士の後藤浩子が活動しております

2008年11月15日

編集後記

栄養と料理の連載を担当することになり(2009年1月号から)
先日、取材記事を載せていただいた7月号を読み直していました

すると編集後記に、
取材に来てくださったTさんが
「自分自身がハッピーになるダイエットが大切と語る岡嵜さん(93ページ)。
取材後は 私自身がカウンセリングを受けたような、
すっきりとした前向きな気持になりました。
おかげでスイーツ王国、神戸でも
甘い物に手が伸びずに済みました!」

と書いて下さっていました。
ををを! とっても温かい感想、ありがとうございます。

IMG.jpg


詳しくは予防医学心理学研究室のホームページへ
http://www.mental-service.com/

当予防医学心理学研究室(兵庫県神戸市)は、
個人カウンセリングやメンタルヘルスセミナー講師:
企業のメンタルヘルスケア、特定保健指導、メタボ撃退 
リバウンド知らずのダイエット、やせる心理学担当の臨床心理士 
笑顔の絶えない癒し系 岡嵜順子と
warm heart 乳幼児から高齢者まで対応の
音楽療法士・臨床心理士の後藤浩子が活動しております

2008年11月16日

ミニ講演会と「みんなで子育てを語ろう会」のご案内

幼ければ幼いなりに、大きくなれば大きくなったで、
悩みがつきない子育て!

特に受験は子どもにとっても、親にとっても大きな出来事。
出来れば受からせたい、そしてこのしんどい体験を実りあるものとしたい。

親の願いと子どもの願い!

学校の進路指導とも、受験塾の説明会とも、一味違うミニ講座!

臨床心理士、スクールカウンセラーとして長年 幼稚園、保育所から
そして大学まで,各年代の子どもたちに直に触れてきた講師だからこそ、
語れる、揺れる子どもたちの心理。

貴重な体験をかけがえのないものに換えていくために
今、親としてしっておきたいことを中心に話します。

土曜の午後、お父様、お母様、お誘い合わせの上、
お出かけ下さい。

★12月13日土曜日 13:30~15:00
ミニ講座 「受験期の子どもを伸ばすために その1
煮詰まってゆく親子関係をほぐし、よりよくつきあうために」(約50分)
場所:六甲アイランドファッションマート4N-01 予防医学心理学研究室オフィス
参加費:1000円(プリント代、お茶代を含む )

「語ろう会」とは、お母様・お父様方が子育てについて意見交換をする場です。
悩み、ご自分の体験など、お互いに色々とお話しいただけます。
事前に参加申し込みをE-mail:『ミニセミナーと語ろう会参加希望』と明記し、
① 名前、住所、電話番号、昼間の連絡先 
② 当研究室をお知りになったきっかけ
③ 今後、当研究室に期待する活動
を送信して下さい。
皆様、ふるってご参加ください。お茶をご用意してお待ちしております。

今後、音楽療法、アートセラピーの体験講座なども企画しております。詳細は次回以降のニュースレターや本HPで順次 お知らせしていきます。
ご覧いただければ幸いです。

また当研究室からのニュースレターをご希望のかたは
info@mental-service.com
へNL希望と明記したメールをお送り下さい。

当予防医学心理学研究室(兵庫県神戸市)は、
個人カウンセリングやメンタルヘルスセミナー講師:
企業のメンタルヘルスケア、特定保健指導、メタボ撃退 
やせる心理学担当の臨床心理士 
笑いの絶えない癒し系心理士 岡嵜順子と
いつも温か 乳幼児から高齢者まで対応の
音楽療法士後藤浩子が活動しております。

続きを読む "ミニ講演会と「みんなで子育てを語ろう会」のご案内" »

2008年11月22日

素晴らしい出会いに感謝!  私学連合新任教員研修

心理屋なので、講演・研修依頼をいただくことは多い。

職場単位の研修で、義務や強制参加の場合、
受講者がイヤイヤ参加されていることも多く、
それでも終わった後に、「良かった」、「得るところがあった」と
思っていただけるよう一生懸命努力する。
そして温かい感想をいただくと、こちらも良かったと思う。

リピート依頼を受けると、
良かったと思っていただけたのだとホッとする。

昨日、担当させていただいた 
兵庫県私学連合会小学校教職員新人研修会もその一つ!
2年前にに続き、今年も依頼をいただいた。

兵庫県の私学小学校は9校、全小学校中1.1% 人数的にも1.1%
雲雀丘、関学、小林聖心、百合、仁川、甲南、海星、須磨浦、愛徳
参加者29名、校長先生4名 事務局2名

「新人」となっているけれど、
研修期間は3年間だそうで、年間4回、その最後が昨日。
タイトルは『子どもの心を理解し、健やかに成長させるために』
サブタイトル <子どもと保護者とより良い関係をつくるために>

大半の受講生とは初めてお目にかかるのだけれど、、
5人の方が2回目、
話題はなるべくかぶらないように、話したつもりなのだけれど、
皆さん、とっても熱心に耳を傾けてくださる。
一語一句を聞き漏らさないように、メモをとり、
問いに答え、笑顔を見せ、そして深くうなづく。

穏やかな ゆったりした時間が流れ、話しながら、私も満たされた気持ちになる。
実は私自身が兵庫県の私学小・中・高校の卒業生。
12年間同じ坂を上った。
だから私学の良さも 抱えている問題も分かる。
今回の依頼は、ある種のご恩返しとも感じている。

研修後、「教員になって」との振り返りの話し合いの時間にも、
交流の懇親会の時間にも参加。

その中で、ほとんどの教員から
『教育とは飽きない仕事』『注げば注ぐほど、返ってくる』『成長が楽しみ』など
肯定的な感想がたくさん聞かれた。

また、研修に関しては、
「たくさん学べた」、「即、使えることを教えていただいた」
『講座の内容だけでなく、進め方そのものが
授業組み立ての参考になった』など、
非常に好意的な感想。

『今回のご案内をいただいた時、岡嵜先生の名前を見て、
飛び上がりました。 また研修を受けられてとても嬉しい』と
言って下さる先生もあり、大変嬉しかった。

私も担当させていただき、良い出会いに感謝です。
私学連合の皆様、特に事務局のI先生、
大変豊かな時間をありがとうございました。

平成18年度担当の受講生感想文は 
ユーザーの声に一部を上げさせていただきました。


続きを読む "素晴らしい出会いに感謝!  私学連合新任教員研修" »

2008年11月26日

当研究室が神戸新聞夕刊に掲載されました!

本日(2008年11月25日)の神戸新聞夕刊10面に 当研究室の取材記事が掲載されました。
『生活習慣、心の病未然に防げ---医師と心理士 連携ケア』
見出しを転載してみます。

Web上からは以下をクリックしてくださいね。

http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0001583989.shtml

>神戸新聞 I記者様

とっても良い記事をアップしていただき、ありがとうございました。

夕方、読者からご相談の電話が...
「とっても温かそうな雰囲気で、思わず電話してしまいました」
お電話ありがとうございます。

何となくしんどい、やる気がおきない、
人間関係に悩みを抱えているなど、
人知れずしんどい思いをしていらっしゃる方は多いのですね。

心が元気になると、身体も楽になります。
身体の調子が整うと、心も軽やかに、 元気になります。

心と身体の両面から 元気になれるように、
私たち、予防医学心理学研究室のスタッフは、これからも
皆様のお役に立てるように頑張っていきます(^^)/~

当予防医学心理学研究室(兵庫県神戸市)は、
個人カウンセリングやメンタルヘルスセミナー講師:
企業のメンタルヘルスケア、特定保健指導、メタボ撃退 
やせる心理学担当の臨床心理士 
笑いの絶えない癒し系心理士 岡嵜順子と
いつも温か 乳幼児から高齢者まで対応の
音楽療法士後藤浩子が活動しております。

« 2008年10月 | TOP | 2008年12月 »