2009年07月

2009年07月22日

祇園祭り

DVC00013-1.jpg

DVC00014%20%282%29.jpg

お祭りは粛々と 真っ白の着物に涼やかな水色の裃
世話役の方が鉾や山の先導をされ、
コンチキチンのゆったりした調べの乗って、
優雅に進んで行かれます。

厄除けちまきは 真っ赤な護符。目にも鮮やか、です。

Yahoo!辞典に以下の説明がありました。
蘇民将来は、説話の主人公の名から、転じて護符の一種。
須佐雄神が一夜の宿を借りようとして、
裕福な弟の巨旦将来に断られ、貧しい兄の蘇民将来には迎えられて
粟飯などを御馳走になったそうです。
そこでそのお礼にと、「蘇民将来之子孫」といって茅の輪を腰に着けていれば
厄病を免れることができると告げたところ、
はたして、まもなくみんな死んでしまいましたが、
教えのとおりにした蘇民将来の娘だけは命を助かったという故事に倣っているとか。


う~~ん 奥が深い!

続きを読む "祇園祭り" »

« 2009年05月 | TOP | 2009年08月 »