2010年01月

2010年01月02日

NL 第6号

予防医学心理学(楽)研究室
★ニュースレター★
第6号 2010.1.  発行: 予防医学心理学研究室 

%E7%B8%AE%E5%B0%8F_1~1.JPG


旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 
本年の皆様のご多幸をお祈りし、
今後もどうぞよろしくご指導お願い申しあげます。
 
---------目次-------------------------------------------------------------------
1.  勤労会館のメンタルヘルスセミナーのご案内
2. 『ダイエットの心理学』 女子栄養大学発行「栄養と料理」の連載
  2年目に突入!
  1月号のタイトルは「行動連鎖が過食にも減量にもつながる」
3. 毎日新聞社 来春発刊『安心生活応援ブック保存版』 
  メンタルヘルスのページに取材・ご協力しました。
4.  講演会・セミナーのご案内 (1月分)
5.  鬱や療養休暇者、メンタル不調者など、 起こさない、
  起こしたときの対処法をお教えします。
---------------------------------------------------------------------------------

♪ ミニコラム ♪ (岡嵜 記)
 神聖な時があり、清らかな場所がある。 清澄な空気で満たされている時空間。
大晦日、お正月、そして伊勢、熊野、富士。 背筋が伸び、身内にきれいな「気」が流れ込んでくる場所。 はるか昔から、人は伊勢や熊野へ詣でることを至上の喜びとし、過酷な道程の果てに辿り着いた神々の前で、額ずき、生かされていることの感謝を捧げ、身近な人の幸せを祈ってきた。   
私たちの感性DNAが、大自然の人智を越えた大いなる力を感じとっているのかもしれない。
お正月、 悠久の時の流れの中で、私たちは頭を垂れ、続いてくる人々の幸せを祈り続ける。 


♪ 心理学ひとくちメモ ♪
 新しい年、真っ白なページに、たくさんの夢と希望を綴りたい。
昨年来、世の中、閉塞感に満たされている。 しかし100%の人が出口を見つけ出せないわけでもないし、100%の人が失敗してしまうわけでもない。  
遺伝子学の村上一雄先生によると、私たちの潜在能力が活性化されるときが3つあるとのこと。
その1つ、危機存亡のとき。いわゆる火事場の馬鹿力。信じられないくらいの潜在能力が活性化されるという。しかし、おずおずと 嫌々後ろ向きに頑張っても なかなか力はわいてこない。どうせやるなら、覚悟を決め、肚を据える。 そして前向きに 喜びをもって超えていく。
そうなるとピンチはチャンスに変わっていく。窮地からのチャレンジが多くの未踏の地を切り開いた。皆様の新しい一年が、たくさんの希望に満たされたものとなりますように。


NL内容、および 無料セミナーのご案内は
以下をクリックしてください。

続きを読む "NL 第6号" »

2010年01月17日

ホッカイロに足を向けてはいけない

15年の月日が過ぎた。
震災で大きな被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。

神戸 阪神間でカウンセリングをしていると
外せないものがある。

生年月日。そして住居地

「あの日、あなたはどこにいましたか?」

今の中学3年生は、震災時 10ヶ月~新生児
あるいは震災時 母のお腹の中にいた子どもたち

ある母との雑談から、許可をいただき、記載する
常々、私は、この母に尊敬の念を抱いていたのだが、
以下の話をきき、その思いを新たにした


「生年月日 1995年1月15日!」
「この子、死にかけたんですね。出生時、早産で2500g無かったんです。
それで保育箱に入れられていて」

「1月17日未明、大きく揺れたのだけれど、あそこまでの被害とは思わず
疲れた身体を休めていたら、
部屋に飛び込んできた看護婦さんに、
 「何しているの。ほかのお母さんは、みんな新生児室へ集まっていますよ』
慌てて、赤ちゃんの側へ出向くと

電気もガスも止まっていて

出産後のお母さんと赤ちゃんは一カ所に集められていたのだけれど、
一番 小さかったうちの子だけが、どんどん身体が冷たくなっていって

『お母さん、さすってやって下さい』って言われて
必死にさすっても、まるで石を抱いているようで、

笑えたのは、心配した夫たちが次々と病院へ駆け込んできたときに
必ず、妻の心配よりも、「赤ん坊は大丈夫か?」と聞いたこと

どのお父さんも、自分の奥さんより、赤ん坊のことが心配だったんですね。

でも、大丈夫じゃなかったのは、うちの赤ん坊だけだったんですけれどもね。


明るくなり始めた頃から、病院には次々と怪我をした人が担ぎ込まれ

そうなると 新生児とかの雰囲気ではなくなり、

産婦人科の主治医は、
暖めさえ出来れば、この子の命はつなげる
いざとなったら、病院内の唯一の自家発電装置をこの子のために使ってあげるから、
と約束してくれたけれど

それは無理だろうと 感じていた。
あとで、聞いたことだけれど、看護師さんたちも、「ああ、この子はもう駄目だろう。
かわいそうに」と思っていたとのこと。

そのとき、主治医が看護師に  
「病院中のホッカイロを集めろ。それで、お母さんとこの子の毛布に入れてやれ」
命令一過 病院中からホッカイロが続々と届き始め、
チアノーゼを示し始めていた 息子の肌が少しだけ暖まったけれど、
それでも、お乳に吸い付く力もなく

どうしよう、どうしようと思っていたところ

2日後に 実家へ電気が通じたとの知らせ

主治医が この子は暖めさえすれば生き延びれる
衛生状態なんて問題じゃない
とにかく 実家に帰り、エアコンをガンガンに温度をあげなさい」と言われ、
通常は車で15分ほどの距離を 2時間ほど掛けて戻り

到着したとたん、
「なんで、水も出ない、半壊の壊れかけたグチャグチャの家へ戻ってきた」という
両親を尻目に、必死でエアコンを最高目盛に上げ、

30分もしないうちに、子どもの肌に赤味が差してきたとき、
「ああ、この子を助けることができた」って
本当にホッとしたのを覚えています。

『どこか、神戸市外へ 避難しようとは思わなかったのですか?』


いいえ、
私、この主治医についていこうと思ったのです。

『?』

病院内で、産婦さんばかり集まっていたとき、
緊急で産気づいた人が やってきたのです。
手術の設備や器具が破損し、まっとうなお産ができないので、
婦長さんが、断ろうとしたところ、
その主治医が
「受け入れろ。 今、神戸市内はどこも同じ状況だ。
困って、頼ってきて下さったんだ。
昔は、器具がなくても、お湯さえ沸かせればお産はできたんだ。
今すぐ用意をしろ」と 命令したのを聞いたとき、

この先生は本物だ、 この人になら ついていけると感じたんです。

だから この人の指示に従おうと思いました。

この子が無事に大きくなって、
誕生日ごとに、私、この子に言い聞かせるんです。
「あんたはね、みんなが届けてくれたホッカイロで生き延びられたんだよ。
ホッカイロに足を向けてはいけない」


胸が熱くなった。
同時に、このお母さん以外のたくさんの産婦さん、妊婦さんのことも思った。
あのとき、多くの父や母が 必死で子どもを守ったのだ。

災害は 人を傷つける
でも同時に、悲しみや痛みを通し、心を耕し、人を優しくする。

心理士として、そして一人の被災者として、
自分のあり方を問う、
今日は震災から15年

« 2009年11月 | TOP | 2010年02月 »