2013年03月

2013年03月11日

震災から2年

震災から2年の月日が流れました。

あのとき出会った方々は 今、どんな風に過ごしていらっしゃるのでしょう。

5月初旬の石巻で、
いろいろ語ってくださった あの先生たちは
涙を流しながら親友のことを語ってくれたあの子は

そして 幼い子を抱きしめながら 夫の死を悼めなかったことを

ああ、まだ 実感していないのですね
と一粒の涙を流した人は

緊張のさなか
避難所からの通勤・通学
それぞれが 控えめな真剣な目をしていたあの方々。

その後も石巻 仙台 福島へ何度か行かせていただきました。

心が戻っていく場所です。

「先生はね、傷ついた石巻しか、知らないでしょう?
本当はとってもきれいな街だったの。
またきれいになった石巻を訪ねてきてください」

いつか約束を果たすために、また訪れたいと思っています。

心に残る人たちに会うために。

2013年03月15日

可能性が広がるように・・・

今週も濃い 1週間でした。

我ながら良く働いたと感じます。

昨年来 関わらせてもらっていた 受験生が無事受験しました。
しかも順番に合格しています。
すさまじい倍率 しかも超難関の三次試験を合格してしまいました。

書いてしまうと たった1行のことなのだけれど、
そこに とてもたくさんの胸が一杯になるようなドラマがあります。

この1年間見守っていて、 本当に強く 賢く しなやかに
成長されたと感じます。

逃げない、めげない、
目の前の困難に 立ち向かっていく強さとしなやかさが育ちました。

子どもの成長力って 改めて素晴らしい!!!
感嘆するばかりです。

他にも 色々なハプニングを越え、
家族の協力と自分の頑張りで卒業にこぎ着けた女子大生

進級のために、必死で毎日7時間以上机に向かった某君。
彼も無事進級出来ることになりました。

本当に色んな感動的なドラマがありました。

合間に病院の仕事、産業界の仕事
病院では院内メンタルヘルス担当日でもあり、
またまた胸が詰まるような内容の話を聴きました。

それでも みんなひたむきに一生懸命生きています。
頑張る人が 最後に笑えるように。
そんな支援をし続けたいと願っています。

金曜夜には、緊急対応が1件。
起こったことの影響を最小限に、
そして 向き合った出来事を通して
そこから学ぶこと、 経験値を上げていくことを
目標に
関わらせて頂いた方々の可能性が より広がるように

これが私の基本的スタンスと再認識しました。

本当に濃い1週間でした。
でも 新たな深い体験をいくつも重ねることが出来ました。

出会いに感謝しています。


続きを読む "可能性が広がるように・・・" »

2013年03月31日

新しい旅立ちに向けて

春4月 桜の満開の下、近くの駅前通りへ

この駅周辺には4つの大学があり、駅前通りは通称キャンパス通りとも呼ばれているようです。

そのあたり、いかにも新入生らしい初々しい様子のお嬢さんとそのお母様らしいペアがとても目につきました。 

ほんの少し上気した顔を見合わせて相談しながらの買いもの。それぞれの手にたくさんの紙袋。
新しい生活へ向けて 期待と不安。

たくさんの素晴らしい出会いが待っていますように。
そしてかけがえのない時間を過ごされますように、

満開の桜も祝福するように柔らかな風を送っていました。


続きを読む "新しい旅立ちに向けて" »

« 2013年01月 | TOP | 2013年05月 »