やせる心理学

2008年04月06日

やせる心理学 1 特定健診 特定保健指導ってなに?

2008年度4月から 特定健診と特定保健指導が始まりました。

各企業などの健康診断時に 腹囲測定が検査項目として追加されます
対象者:40歳以上74歳未満
注 腹囲はウエストサイズではありません  
内臓脂肪測定のため、臍レベル 腰骨の上あたり。

その結果、男性 85cm以上、女性 90cm以上と判定された方は
特定保健指導を受けなければならなくなりました。

metabo.jpg

今までの研究データから この数値以上の方は
内臓脂肪を100平方cm以上溜め込んでいるとされ、
その場合、高血圧、糖尿病、高脂血症を
引き起こしやすくなるのです

また内臓脂肪蓄積と上記の疾患2項目が合わせて発症すると
動脈硬化を引き起こしやすくなることがわかってきたため、
予防的観点から健診に導入されることになりました。

まさに予防医学の見地から!ですね

筆者 おかざきは 済生会中津病院の内科 肥満専門外来において
この20年ほど、
肥満の背景に
1 心理的要因の強い方の個人カウンセリングとともに
2 行動修正療法に基づいた肥満教室と 

気晴らし食い、イライラ食いなどのストレス食いを訴える肥満患者さんに
3 気づきをうながすグループセラピー(交流分析に基づく)

を担当し、成果をあげてきました。

メタボ 撲滅! やせる心理学として これから少しずつ
肥満の実際と 効率よく 楽しく、かつリバウンド無しにやせる工夫をアップしていきたいと思います。

なお、一部はHPの誌上セミナーにもまとめる予定です

ご自分の健康増進のためにもご活用下さいね(^-^)/^^


続きを読む "やせる心理学 1 特定健診 特定保健指導ってなに?" »

2008年04月16日

やせる心理学 その2

厚生省は 1970年代に成人病を生活習慣病と言い換えました
なぜでしょうね?

答え:大人になれば全員が発症するわけではない
    子どもでも生活習慣が崩れると、発症するから

1型糖尿病は ウィルスによる感染によって引き起こされますが、
2型糖尿病は 遺伝因子を持った人が悪しき生活習慣を身につけると
発症する病気です。

今までは、中年以降、代謝が落ち始める頃に
発病されるのが普通でした。

ところが、最近、
病院でお目にかかる患者様のうち、
10代後半からすでに高血圧や2型糖尿病を主訴として来院される方が
多くなってきました。

当院での最年少記録は 9歳!

メタボの診断基準を以下に記しておきます

clip_image002.jpg

ここではCTスキャンが望ましいと書かれていますが、
ほぼ毎日運動をしている人 (中高生の部活やプロのスポーツ選手
毎日ジムに通っている人など)を除くと、
ほとんどの方が腹囲85cm 90cm+選択項目2項目以上の場合、
メタボ=動脈硬化の危険性へのイエローカードが ちらつき始めるのです

次回は もう少し具体的に 生活習慣を見直していきましょう

続きを読む "やせる心理学 その2" »

2008年11月15日

編集後記

栄養と料理の連載を担当することになり(2009年1月号から)
先日、取材記事を載せていただいた7月号を読み直していました

すると編集後記に、
取材に来てくださったTさんが
「自分自身がハッピーになるダイエットが大切と語る岡嵜さん(93ページ)。
取材後は 私自身がカウンセリングを受けたような、
すっきりとした前向きな気持になりました。
おかげでスイーツ王国、神戸でも
甘い物に手が伸びずに済みました!」

と書いて下さっていました。
ををを! とっても温かい感想、ありがとうございます。

IMG.jpg


詳しくは予防医学心理学研究室のホームページへ
http://www.mental-service.com/

当予防医学心理学研究室(兵庫県神戸市)は、
個人カウンセリングやメンタルヘルスセミナー講師:
企業のメンタルヘルスケア、特定保健指導、メタボ撃退 
リバウンド知らずのダイエット、やせる心理学担当の臨床心理士 
笑顔の絶えない癒し系 岡嵜順子と
warm heart 乳幼児から高齢者まで対応の
音楽療法士・臨床心理士の後藤浩子が活動しております

2008年12月14日

ダイエットの心理学

栄養と料理(女子栄養大学出版部 発行)の2009年1月号(12月9日発売)から
%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%81%A8%E6%96%99%E7%90%861%E6%9C%88%E5%8F%B7.jpg

「ダイエットの心理学」を書かせていただいています。

%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%81%A8%E6%96%99%E7%90%86%E3%80%80%E6%9C%AC%E6%96%87.jpg

担当編集者のTさんと大迫さんの素敵なイラスト、
そして当研究室の 後藤浩子、石川かおりの実に味のあるアドバイス、
はたまた ドクターたち、特に夏井先生と京都NTT病院のM先生の
医学面でのアドバイスのお陰で、とっても素敵な
紙面に仕上がりました。

よろしければ ご覧になってくださいね。

続きは以下をクリックしてください。

続きを読む "ダイエットの心理学" »

2009年09月01日

やせる心理学 at 新潟十日町(*^_^*)

9月5日に新潟十日町市クロス10で『十日町 糖尿病予防ワークショップ』の
特別講演を担当します。

以下をクリックをして下さい。
ポスターをご覧になれます。

http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Simple/H21DM,0.pdf

13:30~ お笑いがあるんですね。
14:10~ お家で出来る簡単エクササイズ 
14:50~ やせる心理学! リバウンド知らずの快適ダイエット

試食や無料相談、プレゼントまでいただけるようです。

新潟近辺の方、お目にかかれますのを楽しみに(^^)/

続きを読む "やせる心理学 at 新潟十日町(*^_^*)" »

2013年05月22日

なぜ あなたは食べ過ぎてしまうのか

5月24日に 講談社から 単著が出版されます。

「なぜ あなたは食べ過ぎてしまうのか  成功率9割以上の肥満専門外来が教えるダイエットの心理学」 

Tpec%20p4_0002.jpg

食べ過ぎ、飲み過ぎ
みんなの課題です。


大阪府済生会中津病院 内科 肥満専門外来での減量教室でたくさんの患者さんに出会い、
たくさんの学びを頂きました。

その間、気づいたこと、
痩せるのはそんなに難しくない、
体重は簡単に落とせる

ただ 落としても簡単に戻る
ようは習慣 行動をひとつ変えられれば

この本には 20年かけて最新の知見や目の前の患者さんから学んだノウハウを
書かせて頂きました。

また、2009年~2010年に掛けて 女子栄養大学出版会 栄養と料理に連載した
『ダイエットの心理学』の要素も入れています。

ついつい食べ過ぎてしまうあなたへ

よろしければお読み下さい。

TOP