ニュースレター

2007年09月19日

長寿の秘訣!

敬老の日を決して、
ML 発刊を決めていたのだけれど
ちょっと遅刻!
お許しくださいm(_ _)m

長寿世界一の 日本から情報発信!

日本人が 長寿世界一になれたのは、
まず食事(和食)、そして優れた医療が行き渡ったこと! それに日本人の清潔感!

でもね、若年層がファーストフードやスナック菓子などの高脂肪食で
コレステロール値が急激に上がっているのが心配!
病院で 10代の2型糖尿病の患者さんに多く出会ってしまう!
そのほとんどが 不登校からの引きこもりのこどもたち

世界の長寿に共通する三大特徴!
アレキサンダー・リーフの研究から

1 バランスのとれた食事を少なめに
2 活発な身体活動の持続
3 生涯 社会での活動を(生涯 現役)

聖路加国際病院の日野原理事長(95歳)が代表選手!
日野原先生の動画がみられる唯一のHP
http://www.bestlife.ne.jp/hinohara/movie/index.html

朝 気持ち良く目覚め、
良く噛み、美味しく味わい、感謝して食事をいただき、
昼間、心行くまで活動し(人の役にたち)
夜は心地よく疲れて休む

毎日毎日の積み重ねが 心身の健康、
そして元気で長生き、長寿のライフスタイルを築きます!

ブルガリアの 早朝 香水用のバラ積みのおばさん
日が高く上ってしまうと香気が失われるため、
早朝のみの仕事! ブルガリアヨーグルトとともに元気な毎日!

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89-1.jpg

続きを読む "長寿の秘訣!" »

2008年10月01日

NL第1号 2008年10月1日発行

予防医学心理学研究室

★メールマガジン★  第1号 2008. 10.

              発行: 予防医学心理学研究室

――――――――――――――――――――――――――――――――

 10月,実りの秋になってまいりました。皆様、いかがお過ごしですか。

猛暑のお疲れは出ていらっしゃいませんか。

 当研究室はお陰様で2年目に入り、活動内容をお知らせするため、メールマガジンを

発行出来ることになりました。

---------目次--------------------------------------------------------

1. オフィス移転とオープニングパーティーのお知らせ

2. ひょうごチャレンジプロジェクト2008の発表企業に選ばれました

  10月3日13:00~13:30 サンパル7階ホールにて、プレゼンします

3. 女子栄養大学の連載 (2009年1月号~) が決定しました

4. ご参加可能な講演会・セミナーのご案内(10月.11月分)

5. カウンセリングをご希望の方へ

6. ワクワク楽しい参加型セミナー企画をお受けします(^o^)
---------------------------------------------------------------------

♪ ミニコラム ♪

風邪を引いたかな?と感じたとき、あなたはどうなさいますか?

「今日は早く帰って、温かくして休もう。」 あるいは「温かいものを食べて汗をかこう」、

「早めに市販薬を飲む」方もいるかもしれません。

 鬱は心の風邪! 一生のうちに女性の4人に1人、男性の7人に1人はかかると言われています。 

生活のなかで風邪引きへの対処を身につけてきたように、心の風邪も、「あ、危ないな」と感じるとき、早めに対応出来ると良いですね。

 私たち、予防医学心理学研究室では、起こってからの対処だけでなく、
兆候への気づきや

毎日を生き生きと元気で暮らす方法を楽しいセミナーやコンサルタント業を通して
ご紹介しています。
もちろん調子を崩されたときはカウンセリング、専門医へのご紹介も承ります。

 ご一緒に 健康で生き生きした毎日を過ごしましょう。


1.オフィス移転とオープニングパーティーのお知らせ

9月20日より六甲アイランドの神戸ファッションマート(以下KFMと略す)に移転しました。
KFMは六甲ライナーアイランドセンター駅直結のランドマーク・ビルで、アリーナでは
神戸コレクションや新能の会が催される建物です。お近くにお出かけの折には
どうぞお立ち寄り下さい。

なおオープニングパーティーを以下の日程で開催します。ご都合の良い時間に皆様、
お誘い合わせの上、お出かけ下さい。簡単な飲物と軽食をご用意してお待ちしております。

・ 開催日時

10月17日金曜日 17時~18時半 (企業向け)
10月18日 土曜日 14時~15時半 (個人向け)

・ 開催場所:オフィス
   〒658-0032   兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9  神戸ファッションマート4N-01
 アクセス方法:http://www.mental-service.com/access.html

   なお、携帯、電話、FAX URL E-mail アドレスは変更ありません
   携帯 090-8531-0860 TEL: 078-855-8071 FAX: 078-451-2849



2. ひょうごチャレンジプロジェクト2008の発表企業に選ばれました

・ 日時  10月3日13:00~13:30 ビジネスプラザひょうご 

・ 場所   プレゼン会場 7Fホール  商談コーナー 6F 交流室

       神戸市中央区雲井通り5-3-1 サンパル

「企業・人事への対処困難事例への心理アドバイザー兼コンサルタント業」にというタイトルで

「生産性向上と顧客獲得、販促のお手伝いとしてのメンタルヘルス・セミナー活用へのご提案」

に関してプレゼンします。

ご来場をお待ちしております。

詳しくは財団法人ひょうご産業活性化センター: http://web.hyogo-iic.ne.jp/event/page_7655.html


3. 取材と原稿掲載のお知らせ☆

● 8月27日 読売ファミリーに「リバウンド知らずのやせる心理学」
取材記事が掲載されました。

読売ファミリーのhttp://www.yomifa.com/family/dijest/0808.html#03

予防医学心理学blog://www.mental-service.com/okazaki/2008/09/post_60.html

● 女子栄養大学発行の「栄養と料理」2009年1月号(12月6日発売予定) から
「リバウンド知らずのやせる心理学」連載を担当予定

※ 岡嵜順子と後藤浩子のマスコミ取材実績と原稿掲載は以下のURLをご参照下さい

予防医学心理学研究室 マスコミ掲載記事 http://www.mental-service.com/press.html


4. 今年の講演会の予定

★ 一般の方がご参加可能分 後藤浩子 担当 

● 10月18日(土)14時~16時 相生教会

● 10月25日(土)13時半~15時 神鋼加古川病院 看護フェア

● 11月16日(日)午前 明石市衣川コミュニティセンターにて 音楽療法

〒673-0025 明石市田町2丁目1-18

電話 / 078-922-4700、ファックス / 078-918-5965 (事前予約が必要です)

● 11月30日(日)午前 明石市の野之池コミュニティセンターにて 音楽療法講座

〒673-0008 明石市沢野1丁目3-1  電話 / 078-929-0355 (事前予約が必要です)

来年以降に関しては下記を参照してください
http://www.mental-service.com/2008/09/20082.html

この他にも企業向け、学校向け等、クローズドの講演、セミナーを多数担当しております。

9月以降のクローズドセミナーは以下をご参照下さい。

URL http://www.mental-service.com/2008/09/20082.html 


5. カウンセリングについて

カウンセリングの予約を承ります。申し込み方法や料金などの詳細は、以下をごらん下さい。

http://www.mental-service.com/counselling.html

カウンセリング例 http://www.mental-service.com/example.html


6. 講演依頼について

当研究室では様々なテーマの講演、セミナーを行っております。ご提供可能なセミナーの

詳細については下記をご参照下さい。

http://www.mental-service.com/seminar.html

今までのセミナー・講演実績は http://www.mental-service.com/result.html

またユーザーの声はURLhttp://www.mental-service.com/voice.htmlをご参照下さい


***************************************************************************
当予防医学心理学研究室(兵庫県神戸市)は、
個人カウンセリングやメンタルヘルスセミナー講師:
企業のメンタルヘルスケア(うつ、自殺予防ストレスマネジメント、交流分析)、
特定保健指導、メタボ撃退 やせる心理学担当
笑顔の絶えない癒し系の臨床心理士 岡嵜順子と
音楽療法士の第一人者 後藤浩子が活動しております。

      文責 事務長 石川かおり


 当研究室は 神戸市産業振興財団ベンチャー支援
 第5回および第7回ドリームキャッチプロジェクトn-KOBEの認定を受けています。

http://www.mental-service.com/   

おかざきブログ:http://www.mental-service.com/okazaki/

後藤浩子ブログ:http://www.mental-service.com/gotou/


予防医学心理学研究室  所在地
   〒658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9  神戸ファッションマート4N
   携帯:  090-8531-0860  TEL: 078-855-8071  FAX: 078-451-2849


続きを読む "NL第1号 2008年10月1日発行" »

2008年11月01日

NL第2号 2008年11月1日発行

―――――――――――――――――――――――――――――――
予防医学心理学研究室
★メールマガジン★
          第2号 2008.11
                     発行: 予防医学心理学研究室
―――――――――――――――――――――――――――――――
 月の光が冴え冴えと、虫の音が響く候になってまいりました。
深まりゆく秋、皆様、いかがお過ごしでしょう。朝晩と日中の気温差が大きくなる時期、どうぞ風邪引きにはお気をつけて。手洗い、うがいの励行で予防をなさってくださいね。
 このメールは 今までセミナーなどでご縁のあった方を中心にご送付しています。
ご不要の場合はinfo@mental-service.com宛に不要とお知らせ下さい。
---------目次--------------------------------------------------------
1.ひょうごチャレンジ企業に選ばれました
2. オフィス移転のオープニングパーティーを開きました
3. 研究室主催のセミナー、語ろう会の予告、案内
4. 取材、連載について
5. ご参加可能な講演会・セミナーのご案内(11月分)
6. カウンセリングをご希望の方へ
7. 音楽やアートを用い、ワクワク参加型、ワーク満載のセミナー企画をお受けします(^o^)
--------------------------------------------------------------------


♪ ミニコラム ♪  【ストーリーを変える!】

「ピンチをチャンスに」、「マイナスをプラスに」との言葉をよく耳にする。そう心がけたいと思う。が、実際の場面では、とっさに「チャンスにしよう」と思い至れない現実がある。
 同じ出来事でも角度を変えて考えると、プラスの方向に動き始めることがある。
例えば「仕事がどうしても合わない。しんどい。やめたい。」と訴える新入社員へ、
「しんどい、合わないと感じている仕事を、1年間、よく頑張ってきましたね。何か秘訣があったのでしょうか?」と尋ねてみる。すると沈思黙考、「ああ、確かに!」、工夫を語るうちに、 頑張った自分に気づき、しんどいストーリーから前向きへ変化していくことがある。
 最たる例がスポーツ新聞の見出し。
 優勝を逃した翌日も、最後の負けも「岡田、涙の胴上げ!」。え?勝ったんだっけ?と錯覚するような見出し。けっして過去をウジウジと悔やまず、前向きのストーリーへ展開している。
 ピンチのときにはスポーツ紙の見出しを思い出し、ストーリーを変えていこうと強く念じている私<熱烈阪神ファン!です。(後藤浩子 記)


1.ひょうごチャレンジ企業に選ばれました。

10月3日サンパルホールにて、「企業・人事への対処困難事例への心理アドバイザー兼コンサルタント業」とのタイトルで「生産性向上と顧客獲得、販促のお手伝いとしてのメンタルヘルス・セミナー活用へのご提案」をプレゼンしました。
パワーポイント発表の後、ミニ音楽療法体験としてCD『水の音楽』をバックに、リンパマッサージ(リラックス)体験をしていただきました。会場中の皆さまが身体を動かし、 多くの方から気持良かったとの反応があり、感謝しております。
会場での熱心なご質問、商談スペースでのさらなるお尋ねなど、私どもの活動支援につながるお話をいただきました。またプレゼン後、ひょうごチャレンジ企業にも認定され、これを契機にさらなる飛躍に向かって頑張ります。 皆様、ありがとうございました。
http://www.mental-service.com/okazaki/2008/10/post_64.html

2.オフィスのオープニングパーティーを開きました
10月17日、18日にKFMオフィス・オープニングパーティーを開きました。お忙しい中から駆けつけて下さった方々、所用で参加出来ないけれどと、前日や当日にお花を届けて下さった方々、セミナーなどでご縁のあった方々、学校支援対応時のお母様方など、懐かしいお顔や、思いがけないお客様が来て下さり、和気藹々とした時間を過ごすことが出来ました。その後のエピソードも聞かせていただき、改めてご縁に感謝です。お忙しい中、お越し下さった皆様、ありがとうございました。
パーティの模様はhttp://www.mental-service.com/okazaki/2008/10/


3. 研究室主催のセミナーと語ろう会の予告

ミニセミナー付き語ろう会を開催します。
日時:12月13日土曜日13:30~15:00
場所:六甲アイランドファッションマート4N-01 予防医学心理学研究室オフィス
内容: 「受験期の子どもへの対応 その1
煮詰まってゆく親子関係をほぐし、子どもを伸ばすために」(約50分)
参加費:1000円(プリント代、お茶代を含む )

「語ろう会」とは、お母様方が子育てについて意見交換をする場です。
悩み、ご自分の体験など、お互いに色々とお話しいただけます。
事前に参加申し込みをE-mail:『ミニセミナーと語ろう会参加希望』と明記し、
① 名前、住所、電話番号、昼間の連絡先 
② 当研究室をお知りになったきっかけ
③ 今後、当研究室に期待する活動
を送信して下さい。
皆様、ふるってご参加ください。お茶をご用意してお待ちしております。
今後、音楽療法、アートセラピーの体験講座なども企画しております。詳細は次回以降のニュースレターでお知らせいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

4. 取材、連載について
● 神戸新聞社から研究室の概略、方針についてインタビューを受けました。
● 女子栄養大学発行の「栄養と料理」2009年1月号(12月6日発売予定) から
「ダイエットの心理学」連載を担当予定
※ 岡嵜順子と後藤浩子のマスコミ取材実績と原稿掲載は以下のURLをご参照下さい
予防医学心理学研究室 マスコミ掲載記事 http://www.mental-service.com/press.html



5. 今年の講演会の予定

★ 一般の方がご参加可能分 後藤浩子 担当 
● 11月16日(日)午前 明石市衣川コミュニティセンターにて 音楽療法
〒673-0025 明石市田町2丁目1-18
電話 / 078-922-4700、ファックス / 078-918-5965 (事前予約が必要です)
● 11月30日(日)午前 明石市の野之池コミュニティセンターにて 音楽療法講座
〒673-0008 明石市沢野1丁目3-1  電話 / 078-929-0355 (事前予約が必要です)
★ 来年以降に関しては下記を参照してください
http://www.mental-service.com/2008/09/20082.html
★ この他にも企業向け、学校向け等、クローズドの講演、セミナーを多数担当しております。
11月以降のクローズドセミナーは以下をご参照下さい。
http://www.mental-service.com/2008/09/20082.html 

6. カウンセリングについて
カウンセリングの予約を承ります。申し込み方法や料金などの詳細は、以下をごらん下さい。
http://www.mental-service.com/counselling.html
カウンセリング例 http://www.mental-service.com/example.html

7. 講演依頼について
当研究室では様々なテーマの講演、セミナーを行っております。ご提供可能なセミナーの
詳細については下記をご参照下さい。
http://www.mental-service.com/seminar.html今までのセミナー・講演実績は http://www.mental-service.com/result.html
またユーザーの声はhttp://www.mental-service.com/voice.htmlをご参照下さい

今後、当研究室からのメールマガジンがご不要の際には恐れ入りますが、下記の
アドレスまでご連絡下さい。info@mental-service.com


続きを読む "NL第2号 2008年11月1日発行" »

2008年12月01日

NL第3号  2008年12月1日発行

――――――――――――――――――――――――――――――――
予防医学心理学研究室
★メールマガジン★ 第3号 2008.12.
        発行: 予防医学心理学研究室  
――――――――――――――――――――――――――――――――
 師走、一年の締めくくりの時期。 良き一年だった方はさらに良いお年を! 
思わしくなかった方も今年の心の疲れ、悩みを全て棚卸し、みんなで良い年を迎えましょう!
---------目次------------------------------------
1.  2008年ひょうごチャレンジ企業に認定されました
2.  11月25日神戸新聞夕刊に当研究室取材記事が掲載
3.  12月13日(土) ミニ・セミナーと語ろう会のご案内
4.  栄養と料理1月号より『ダイエットの心理学』 連載開始
5.  講演会・セミナーのご案内 (12月分)
6.  カウンセリングをご希望の方へ
7.  ワクワク楽しい参加型セミナーを企画します(^o^)
8  鬱や心身症による長期休業者をお抱えの企業へ、 
   働く人のメンタルヘルスをサポートします
-------------------------------------------------

♪ ミニコラム ♪ 
 友人に聞いた話。彼は当初犬を飼うことに消極的だったが、子どものたっての願いで飼うことになったらしい。しかし子どもが散歩に出かけたのはせいぜい1年くらいで、今ではよほどのことがない限り行かない。代わりに散歩係になったのは彼。 もともと一人で散歩に行っていた人なので、犬のために散歩に出かけているのか、彼の散歩に犬がお供をしているのか、定かではない。山歩きにまで連れていく。そして言うことには「今の犬が年取ったら、また別の犬を飼う。犬がこんなに可愛いものだとは知らなかった」
 食わず嫌いは良くない。何事も好奇心旺盛に試してみると、今まで知らなかった世界に触れることができるかもしれない。 なにより脳が活性化されるし、心理的にも意欲が増す。
新しい年、あなたも何かチャレンジなさいませんか?     (石川かおり 記)

♪ 心理学ひとくちメモ ♪
 音楽療法って?
日本には公的機関が行っている音楽療法の事業が3つあります。ひとつは岐阜県、奈良市、そして兵庫県です。その中で一番歴史の古い岐阜県音楽療法研究所のリーフレットから、音楽療法とは何か、ご紹介します。

音楽を聴く→     心・体へ    →機能維持回復
歌をうたう →     の       →障害や病気の克服     
楽器を鳴らす→   刺激      →人と人とのつながり身体を動かす
結果 健康作り 
                 (岐阜県音楽療法研究所)
つまり、音楽を聴いたり、歌をうたったり、楽器を鳴らしたり、身体を動かすと、心や体へ刺激がいって、機能を維持したり、回復したり、障害や病気を克服できたり、人と人とのつながりができたり、更に健康づくりにもなるということです。
ここで大事なことは、『音楽によって』人と人とのつながりができたり、『音楽』が健康づくりに一役買っているということです。音楽療法は、障害がある人や子ども、高齢者だけのものではありません。満員電車で、多くの人がウォークマンやiPodで音楽を聴いていらっしゃいます。音楽の心を落ち着かせたり、元気にさせたりする効果が絶大なことを、皆さん、経験智として知っていらっしゃるのですね。  さあ、健康な皆さんも、音楽を活用してみませんか?  (文責 後藤浩子)


続きを読む "NL第3号  2008年12月1日発行" »

2009年01月02日

NL第4号 2009年1月1日発行

予防医学心理学研究室
★メールマガジン★ 第4号 2009.1
        発行: 予防医学心理学研究室  
――――――――――――――――――――――――――――――――
 あけましておめでとうございます。
一月一日早朝、 厚い雲の間から大きな朝日が昇ってきました。
昨年からの暗いニュースを打ち破るような、素晴らしい輝きが拡がりました。
今年も、皆様の心と身体の健康増進に寄与し、少しでも社会が健康になり、みんなが働き甲斐、生き甲斐を感じられるお手伝いが出来るますよう、
私ども研究室は一生懸命頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

---------目次------------------------------------
1.  2009年の抱負
2.  ひょうご経済戦略に当研究室が掲載されました。
3. 12月13日(土) ミニ・セミナーと語ろう会を開催しました
4.  栄養と料理に『ダイエットの心理学』 連載中 
5.  講演会・セミナーのご案内 (1月分)
6.  カウンセリングをご希望の方へ
7.  ワクワク楽しい参加型セミナーを企画します(^o^)
8  鬱や心身症による長期休業者をお抱えの企業へ、 
   働く人のメンタルヘルスをサポートします
-------------------------------------------------

♪ ミニコラム ♪ 
  長い冬
星野道生。 アラスカに暮らした写真家。 彼との出会いは偶然入った写真展からだったか、地球交響曲(ガイアシンフォニー)の追悼映像からだったのか、今でははっきり覚えていない。
-50度の世界。画面を通して吹きつけるブリザード、極寒に暮らす動物たち。つかの間の夏を彩る可憐な花々。短くつけられたキャプション。その眼差しの暖かさに心動かされ、何冊かの写真集と随筆集を求めた。彼の本には,今、日本で暮らす私と別の時間が流れている。
『長く厳しい冬があるというのはいいことだ。もし冬がなければ、春の訪れや、太陽の沈まぬ夏、そして美しい極北の秋にこれほど感謝することは出来ないだろう。(中略)
めぐりくる季節で、ただ無窮の彼方へ流れてゆく時に、私たちはふと立ち止まることができる。その季節の色に、私たちはたった一回の生命を生きていることを教えられるのだ
(星野道生:長い旅の途上) から引用』

心理専門職として、重苦しい冬の時代を過ごしているクライアントに多く出会う。
楽しい豊かな時間は、人の心を幸せにする。もちろん辛い時など、ないほうが良い。けれども逆境を生きるとき、人の心は深く深く耕され、思いやりや優しさに満ちた人間性を作り上げていくように思う。
一生の間に、1度も辛い時期、悩みの時期を過ごさない人はいない。
お目にかかる方々が、この辛い時期を少しでも良い方向へ向いて舵をとっていかれるように、そして困難を通り過ぎた後で、悩みの体験にも大事な意味があったのだと思っていただけるよう、今年も励みたいと思う。
 (おかざき 記)

♪ 心理学ひとくちメモ ♪
 音楽療法 その2  ~音楽とコミュニケーション~
「音楽療法」ということばからどういうものを連想されますか?

「癒される」「元気になる」というイメージが一番に湧くのではないでしょうか?
もちろん、そのようなことを目的に音楽を用いる音楽療法もありますが、それだけではありません。
音楽がコミュニケーションの媒介になっている、それを利用することも多いのです。

アメリカのコミュニケーション研究者のバードウイステルは「言葉によって伝えられるメッセージは全体の35%に過ぎず、残りの65%は話しぶり、動作、ジェスチャー、相手との間のとりかた、など、言語以外の手段によって伝えられる」と言っています。
非言語コミュニケーションの道具の一つが、音楽です。
歌うこと、楽器を演奏することを通して、人は他者と気持ちの心のふれあいや、仲間意識を感じることができます。

音楽は、強制的にやらされている感じをもたないで利用できる特質があります。
音楽を道具として、人との温かいつながりを持つ体験をすると、その後のコミュニケーションや対人関係が素晴らしく改善される方もいらっしゃいます。
一度、楽しい対人関係を造り出せる音楽療法を体験してみませんか?  (文責 後藤浩子)

1. 2009年の当研究室の抱負
2(に)   …にこにこ笑って
千(せん) …選択しながら
9(きゅう) …急でなくゆっくりと
年(ねん) …念願かないますように (後藤浩子)

目次2以下は ”続きを読む”をクリックしてお読み下さいね(^^)/~


続きを読む "NL第4号 2009年1月1日発行" »

2010年01月02日

NL 第6号

予防医学心理学(楽)研究室
★ニュースレター★
第6号 2010.1.  発行: 予防医学心理学研究室 

%E7%B8%AE%E5%B0%8F_1~1.JPG


旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 
本年の皆様のご多幸をお祈りし、
今後もどうぞよろしくご指導お願い申しあげます。
 
---------目次-------------------------------------------------------------------
1.  勤労会館のメンタルヘルスセミナーのご案内
2. 『ダイエットの心理学』 女子栄養大学発行「栄養と料理」の連載
  2年目に突入!
  1月号のタイトルは「行動連鎖が過食にも減量にもつながる」
3. 毎日新聞社 来春発刊『安心生活応援ブック保存版』 
  メンタルヘルスのページに取材・ご協力しました。
4.  講演会・セミナーのご案内 (1月分)
5.  鬱や療養休暇者、メンタル不調者など、 起こさない、
  起こしたときの対処法をお教えします。
---------------------------------------------------------------------------------

♪ ミニコラム ♪ (岡嵜 記)
 神聖な時があり、清らかな場所がある。 清澄な空気で満たされている時空間。
大晦日、お正月、そして伊勢、熊野、富士。 背筋が伸び、身内にきれいな「気」が流れ込んでくる場所。 はるか昔から、人は伊勢や熊野へ詣でることを至上の喜びとし、過酷な道程の果てに辿り着いた神々の前で、額ずき、生かされていることの感謝を捧げ、身近な人の幸せを祈ってきた。   
私たちの感性DNAが、大自然の人智を越えた大いなる力を感じとっているのかもしれない。
お正月、 悠久の時の流れの中で、私たちは頭を垂れ、続いてくる人々の幸せを祈り続ける。 


♪ 心理学ひとくちメモ ♪
 新しい年、真っ白なページに、たくさんの夢と希望を綴りたい。
昨年来、世の中、閉塞感に満たされている。 しかし100%の人が出口を見つけ出せないわけでもないし、100%の人が失敗してしまうわけでもない。  
遺伝子学の村上一雄先生によると、私たちの潜在能力が活性化されるときが3つあるとのこと。
その1つ、危機存亡のとき。いわゆる火事場の馬鹿力。信じられないくらいの潜在能力が活性化されるという。しかし、おずおずと 嫌々後ろ向きに頑張っても なかなか力はわいてこない。どうせやるなら、覚悟を決め、肚を据える。 そして前向きに 喜びをもって超えていく。
そうなるとピンチはチャンスに変わっていく。窮地からのチャレンジが多くの未踏の地を切り開いた。皆様の新しい一年が、たくさんの希望に満たされたものとなりますように。


NL内容、および 無料セミナーのご案内は
以下をクリックしてください。

続きを読む "NL 第6号" »

TOP